三条高校 巻高校合格への本気組支援塾 飛燕ゼミ

燕市 吉田 塾 三条高校 巻高校合格から大学受験 

エリート算数 |三条高校 巻高校合格 燕市吉田 塾


残席案内

□高3|満席御礼
□高2|残席3
□高1|残席4
□中3|国語読解講座 受付中
□中2|残席1
□中1|残席5
□幼児|残席1

※中2生は残席1です。
三条高校、巻高へ合格したい!と志をもつ方限定枠です。
お気持ちのある方はお早めにお問い合わせ下さい。


◇開塾12年間の合格実績。
 三条高校 100% 巻高校 98% 三条高校 巻高校合格請負塾

※お問い合わせの段階で満席の際はお断りすることもございます。
予めご了承下さい。

お問い合わせ先
飛燕ゼミ 0256-92-8805 担当/宇佐美



エリート算数

全国模試の結果です。
算数
算数の偏差値68…
惜しくも70に届かず
「1問に泣きました…」

小学生も公立上位高校経由、
大学進学に向け、
頭に汗をかきながら、
手をカキカキ動かしています。


以前、話題になりましたね、
「あと10年でなくなる仕事」
オックスフォード大学の提言より一部抜粋。

コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、
これまで人間にしかできないと思われていた仕事が
ロボットなどの機械に代わられようとしています。
たとえば、『Google Car』に代表されるような
無人で走る自動運転車は、これから世界中に行き渡ります。
そうなれば、タクシーやトラックの運転手は仕事を失います。

これはほんの一例で、
機械によって代わられる人間の仕事は非常に多岐にわたります。

人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる…

ロボットが職場に溢れ、
仕事を奪われた人間が失業者になっていく様は
想像するだけで恐ろしいが、
同大のオズボーン氏は
「人類にとってこれは歓迎すべきことだ」
と主張する。



「かつて洗濯は手作業で行っていましたが、
洗濯機の登場でその仕事は奪われました。

しかし、
それによって余った時間を使って
新しい技術や知恵が創造された。
こうして人類は発展してきたわけです。
現在起きているのも同じことです。
ロボットやコンピューターは芸術などの
クリエイティブな作業には向いていません。

となれば、
人間は機械にできる仕事は機械に任せて、
より高次元でクリエイティブなことに
集中できるようになるわけです。
人間がそうして新しいスキルや知性を磨くようになれば、
これまで以上に輝かしい『クリエイティブ・エコノミー』
の時代を切り開いていけるのです」

もちろん、
そうした高次元でクリエイティブなスキルを
身につけられなければ、
失業者に転落するリスクが大きいということでもある。
来たるべきロボット社会で生き残るのは、
なかなか容易ではなさそうです…



今の小学生が大人になる時には
私達親世代が想像もできない職種に就いていることでしょう。
それほど、
変化が早い、という意味です。

もう
「勉強ができるだけ」では片手落ち、
「勉強もできる+α」が求められます。


勉強すらできない…
論外かも…


なくなる仕事

バナー2
スポンサーサイト
  1. 2015/09/30(水) 17:03:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad